トップ > 日本臨床外科学会について >日本臨床外科学会会則

日本臨床外科学会会則

制定施行 昭和12年11月3日

総   則

第1条 ≪名称≫
本会は日本臨床外科学会と称する.
第2条 ≪事務局≫
本会は事務局を東京都千代田区飯田橋4―6―9 ロックフィールドビル8階内に置く.

目的,事業

第3条 ≪目的≫
本会は,臨床外科学および外科医療の進歩発展を図ることを目的とし,併せて会員相互の親睦を図り,関連他学会と の連携を行うものとする.
第4条 ≪事業≫
本会は次の事業を行う.
  1. 会員の研究発表,学術講演等のための集会の開催.
  2. 会誌の刊行.ただし,会誌名を日本臨床外科学会雑誌とする.
  3. その他,前条の目的を達成するのに有意義な事業.

会   員

第5条 ≪会員≫
会員は医師で本会の目的に賛同して入会し,所定の年会費を納めた者とする.
第6条 ≪名誉会長など≫
本会に名誉会長,名誉会員,特別会員をおくことができる.
第7条 ≪入,退会≫
  1. 入会を希望する者は所定の入会申込書を提出し,当該年度の会費を納入して,本会会長(以下,単に「会長」と いう)の承認を受ける.
  2. 退会を希望する者はその旨を届け出るものとする.但し,既納会費は返却しない.

役員,評議員

第8条 ≪役員≫
  1. 本会に次の役員をおく.
    会 長 1名
    副会長 3名以内
    幹 事 若干名
    監 事 2名
  2. 会長は,幹事会が会員の中より候補者を選考し,評議員会の承認を受け,総会会場において報告される.
  3. 副会長は,会長が指名し委嘱する.
  4. 幹事は,会長が会員の中より委嘱する.このうち5名以上10名以内を常任幹事とする.
  5. 監事は,会長が会員の中より委嘱する.
  6. 役員の任期は2年とする.ただし,再任を妨げない.欠員により補充される役員の任期は,残任期間とする.
第9条 ≪会長≫
  1. 会長は,本学会を代表して会務の一切を統轄する.
  2. 会長は,総会,評議員会ならびに幹事会を招集し,議長となり議事録署名人を指名する.賛否同数の場合は議長 が決める.
第10条 ≪副会長≫
  1. 副会長は,会長を補佐し,会長に事故のある時は,予め定めた順位により会長の職務を代行する.
  2. 副会長は,幹事会に出席し評決に加わる.
第11条 ≪幹事≫
  1. 幹事は,幹事会を構成し会務の運営にあたる.
  2. 常任幹事は,会長の定めるところにより業務を分担する.
第12条 ≪監事≫
監事は,本会の財務監査を行うとともに,幹事会および評議員会に出席し意見を述べる.
第13条 ≪評議員≫
  1. 本会に評議員をおく.評議員の人数は,会員数の10%以内とする.
  2. 評議員は,幹事会の議を経て会長が委嘱し,任期は2年とする.但し,再任を妨げない.
  3. 評議員は,評議員会を構成し,本会の重要案件を審議,議決する.また会長の諮問に応ずる.

総会,学術集会

第14条 ≪総会および学術集会≫
  1. 本会は,毎年秋期に総会ならびに学術集会を開催する.
  2. 総会の開催地,期日は,会長がこれを定める.
  3. 学術集会は,「日本臨床外科学会総会」と称し,会長は幹事会の意見をきき,学術集会の会長(以下,単に「総会 会長」という)および準備委員長を委嘱する.
  4. 学術集会は,総会会長がその開催地,期日および日数を決定し,その一切の運営に当たる.
  5. 学術集会の会計は本会から独立し,総会会長がこれを管理して,決算,剰余金の処分その他必要な一切の行為を 行う.

事業年度,会費,支部

第15条 ≪事業年度≫
本会の事業は,毎年1月1日にはじまり12月31日に終わる.
第16条 ≪会費≫
  1. 会員は毎年所定の年会費を納付する.ただし,名誉会長,名誉会員,特別会員および1月1日現在で年齢が満80 歳以上にしてかつ会員歴が通算して40年以上の会員は,会費の納付を要しない.
  2. 会費を2年以上滞納した場合は退会したものと認める.
第17条 ≪支部≫
本会に支部を置くことができる.

会則変更

第18条 ≪会則変更≫
本会の会則変更は,幹事会,評議員会の議決を経て,総会会場において報告される.
≪付 則≫
昭和13年11月1日 一部改正
昭和37年9月26日 一部改正
昭和56年10月17日 一部改正
昭和60年10月24日 一部改正
平成4年11月20日 一部改正
平成6年11月17日 一部改正
平成10年1月1日 一部改正
平成16年10月13日 一部改正
平成18年11月9日 一部改正
平成19年11月29日 一部改正