トップ > 一般のみなさま

一般のみなさま

投稿写真

三輪 高嗣会員(中津川市民病院 外科)撮影
2015年10月 秋の夕暮れ
更新日:2015年6月18日
目次

(1) 精密検査を受ける ―検査と診断の基礎知識―

  • 早期胃がんを見つける検査は胃内視鏡検査
  • 進行度を知るための超音波検査やCT検査

(2) 医師から説明があります ―医師の説明を聞く―

  • 患者本人が病気を理解することの意味
  • 家族や信頼のおける人に同席してもらう
  • 家族が共有する意味とは

(3) 胃がんの病期(ステージ) ―進行度分類と病期―

  • 進行度に密接にかかわるがんの深さと転移
  • 進行度によって病期が分けられる
  • 治療法や予後にも深く関係する病期

(4) 治療方針が決まる ―胃がんの3大治療法と緩和ケア―

  • 治療の基本は病変部の切除
  • 進行度(病期)によって治療法が異なる
  • 内視鏡的切除は局所のみを取る治療法
  • 外科手術(開腹、腹腔鏡下)の種類と特徴
  • 胃がんの化学療法
  • 告知のときから始まる緩和ケア

(5) 他の医師の話も聞いてみたい時(セカンドオピニオン) ―セカンドオピニオンを聞く―

  • 専門医としての意見を聞くセカンドオピニオン
  • セカンドオピニオンのじょうずな聞き方
  • 胃がん治療のセカンドオピニオン

(6) 内視鏡切除 ―内視鏡的切除―

  • がんの形や大きさで切除方法を使い分ける
  • 治療後の注意点

(7) 外科手術 開腹手術 ―外科手術(開腹手術、腹腔鏡下手術)―

  • がんができた場所と転移の範囲によって手術法は異なる
  • 切除する範囲は病期や悪性度などで決まる
  • 縮小手術の中でも増えている幽門保存胃切除術
  • 切除部位や範囲に応じて行われる「再建術」

(8) 外科手術 腹腔鏡下手術 ―腹腔鏡下手術ってどんな手術?―

  • おなかに5〜6カ所穴をあけ特殊な器具を挿入して操作
  • 手術の内容は開腹手術と同じ
  • 手術の途中で開腹手術に切り替わることも

(9) 化学療法 ―胃がんの化学療法―

  • 再発防止の化学療法の対象になる人とは
  • 手術が行えない場合の化学療法とは
  • 胃がんに効果のある抗がん剤とは

(10) 緩和ケア ―告知のときから始まる緩和ケアとは―

  • 精神的な苦しみや社会的な不安にも対応
  • 緩和ケアチームとは

(11) 困ったことがあったら… ―がん診療連携拠点病院を知っている?―

  • 複数の病院、診療所がひとりの患者さんを支える
  • クリティカルパスで治療方針を共有

(12) お金のことで困ったら… ―医療費の負担を軽くする制度―

  • 一定の金額を超えたら戻ってくる「高額療養費」
  • 65歳未満でも「介護保険」が利用できる人とは
  • 要介護度によって支給額が異なる

(13) 胃切除後に気をつけたい症状 ―退院後に起こる問題と対処法 胃切除後症候群とは―

  • 胃切除後症候群の種類と対処法
  • 少しずつよくかんで食べる

(14-1) 食事と栄養療法 1 ―胃切除後の食事のとり方―

  • 手術後3カ月くらいは消化のよいものを少量ずつ
  • 徐々に食品や調理法のバリエーションを広げる
  • 気をつけたい食べ物とは

(14-2) 食事と栄養療法 2 ―胃がんの治療と栄養療法―

  • がんが引き起こす「慢性炎症」とは
  • 栄養療法をじょうずに行うためには

(14-3) 食事と栄養療法 3 ―栄養を助ける食品を利用する―

  • 不足する栄養は栄養機能食品で補う
  • 医師や栄養士からアドバイスをもらって

(15) 定期健診 ―定期検診について―

  • 治療後3年目までは3カ月~半年に1回受診
  • 「残胃がん」や「重複がん」もチェック

(16) 術後の化学療法を受ける場合もある ―外来化学療法を受けることになったら―

  • 外来化学療法を行うときの注意点
  • 家族も治療を理解して協力を